A HAPPY NEW YEAR の"a"がもつ感覚

違いのわかる英語日記no.011
A HAPPY NEW YEARのaの秘密

あけましておめでとうございます。

画像の説明

冬期集中学習に入ってから
すっかり日記の更新をしておりませんでした。
申し訳ありません。

みなさんはこのお正月いかがお過ごしでしょうか?
私はというと…冬期集中学習の後半戦の準備やら
英検やTOEICの勉強をして過ごしております。

まぁ、この時期は受験生たちも本腰を入れて勉強しますからね。
きっとお正月番組も見ず、
初詣以外は外出しないくらいの気持ちで
10時間くらいは勉強していることでしょう。
私たち講師も負けじと自己鍛錬に励みます。
それに新年はなにかとやる気が湧いてくるタイミングですしね。

英語学習のコツは何より”継続”です。
お正月でも何でも英語に触れ続けること、
これが一番の上達法です。

とかいいながら日記をサボっていたわたくし。
新年早々、反省しております笑。


さてさて、本日の”331’s English”は
前回の日記に隠されていた違い。
この二つの文の違いです。

“I rarely catch colds.”
“I caught a cold yesterday

気がついた方はいましたか?
そうです、上の文ではcoldsと複数形を使っているのに
下の文では”a”を使っています。
この違いは何でしょうか?

よく言われるのは
複数形というのは2つ以上ある
単数形(”a”を使う)は1つ
というように”数”に注目した違いです。

a bookは1冊の本、
booksは2冊以上
これは中一の最初に習う内容で
なんとなく「一つの」と覚えている人も多いことでしょう。
ですが、”a” や”複数形のs”のもつ奥深さはそれだけではなりません。


“a”は「不特定の」1つ、
”複数形のs”は「ぼんやり/いわゆる」を表します。
特に”a”は「とある一つの」という意味でおさえておくといいと思います。
さきほどの例を見ていきましょう。

“ I caught a cold yesterday.”「昨日風邪を引いた」
という表現は具体的に、
とある一回の風邪引き経験を表しているから
aをつかっているわけです。

そしてcoldsの方は
いわゆる風邪を引いたことがない
という意味なので複数形をつかっているわけです。

新年に使われる”a happy new year”というのも
感覚がつかめるでしょう。
いわゆる新年ではなく、実際にいま経験する
「とある一回の年」という意味で
aを使っているわけです。


“a”と “複数形のs”の違いはつかめたでしょうか?
本当はこれに不可算名詞や”the”との比較を混ぜると
もっと深く理解できるのですが、
まずは”a”は具体的で不特定なものに、
”複数形のs”はぼんやり/いわゆるという意味でのもの
に使えると押さえておいてください。

それではみなさん良いお年を!

コメント


認証コード4716

コメントは管理者の承認後に表示されます。